スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掻き落とし 木の枝の湯のみ

2014.12.11.Thu.20:28
半年ほど前に作った作品です。「掻き落とし」の技法を使った、湯のみ。

器の形が、ちょっとかたよっちゃいました。素地は赤土。これに化粧泥を施して、乾燥したら削って、素地で模様を出します。木の枝をイメージして削ってみました。枝の太さをどのくらいにしようかで、若干悩みました。もう少し太くても良かった気がします。

かきおとし

緑の葉は、釉薬の織部。ちゃんと葉っぱの形に描いたのですが、最後に石灰透明を掛けたので、仕上がりはぼんやりした淡い緑の丸になりました(笑)織部は流れやすいんですね〜。

自分の想像したものと違った感じに仕上がるのも、陶芸の楽しいところです。


にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
---------------------------------------------------------------------------------------

枝の模様のカップやお皿。

  

   
関連記事
コメント
No title
よろしくお願いします。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。