スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林古径 生誕130年記念 古径と土牛@山種美術館

2013.12.24.Tue.23:33
山種美術館の、「古径と土牛展」を観に行った。

なかなか予定が立たず、行けないかと諦めていたのだけど、「清姫」が展示されているというのを旦那が知り、いやこれはどうしても行く!と、最終日のギリギリに、すべりこみセーフ。

古径


その「清姫」は、8枚の連作。実は私は、この清姫の事を知らなかったので、旦那から簡単に物語の説明をしてもらいながら、観てまわる。

中でも、大好きな人に裏切られたと知り、川に飛び込み、大蛇となって川を渡る場面が描かれた「日高川」には、見入ってしまった。清姫の、川の奥底のような深い悲しみが伝わって来て、とてもとても切なくなった。私には…憎しみというより、悲しみ、絶望を、たたずむ清姫から感じて、しばらくこの絵を眺めていた。

この絵が見れただけでも、行って良かったな。
関連記事
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。