スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松濤美術館「スサノヲの到来-いのち、いかり、いのり」展

2015.08.09.Sun.00:54
今日から始まった松濤美術館の「スサノヲの到来-いのち、いかり、いのり」展を観て来ました。連日続いていた猛暑がやわらいで少し涼しかったので、渋谷駅からの道のりも苦ではなかった(笑)

securedownload-1.jpeg


入場券を買って、入り口にあった美術館の記念スタンプを裏に。

DSC04814.jpg

DSC04813.jpg

自分に古事記についての知識がないのだけど大丈夫だろうか…と心配でしたが、館内にスサノヲについての説明もしっかりあるし、それぞれの作品に詳しく説明が書かれていました。かなりの文章量なので、しっかり全部読んでいると時間がなくなるかも。

展示はかなり幅広かったです。縄文時代の土器から現代の作家さんの作品まで。出口王仁三郎の器はやっぱり素晴らしかったし、大野明山の素戔嗚尊(すさのおのみこと)御神像は、見つめていたら心の不安や恐怖みたいななものがすっとなくなっていく気がして、その手に触れたくなってしまいました。円空の仏像もかわいかったな。現代のものだと、長谷川沼田居が盲目になってから描いたという「かきつばた抽象」が凄かったです。

館内では、ミニ土偶や古事記にまつわる本なども販売していました。「スサノヲの到来」を観て古事記に興味が出たので、現代語訳の読みやすい本を買ってみようかなと思います。

それにしても土曜日だというのに渋谷は人が少なかった。もう帰省がはじまってるのでしょうか。いつもとても混んでるドトールも、びっくりするほど空いていました。

渋谷、センター街の夕焼けです。

securedownload-3.jpeg

渋谷区民の方は毎週金曜日は入館料無料なのか…。うらやましい!

スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。